MENU

 小学校の頃から目立ちたがり屋、人とは違う自分をアピールするのが大好きな性格でした。
そんな私の憧れは芸能界、当時からデビューしていくと華やかな世界で生きていくんだなんて思ってしまってたんですよね。
だから、当時から服装とか気を遣っていたりして、友達たちからもいつもオシャレだって褒められていました。
制服を着るようになってからも、限られた条件の中で自分をしっかりアピールすることも務めてきました。
女子高生にもなると、それがさらにエスカレートしたって感じがしています。
皆んなと同じ制服姿だけど、それでもしっかりアピールポイントを作って自分を目立たせることを考えていました。
だから街中にいる時なんか常に、男の人の視線とか感じてたし、ナンパされちゃうことだってしょっちゅうだったんです。
大学生になるとすごく自由な空間になりますから、ますます自分をアピールすることを心がけるようになっていきました。
だからかなり目立った存在だったのは間違いないと思います。
しょっちゅう男の人から話し掛けられたりもするし、誘われたりなんて毎日のような感じなんです。
自分でいうのもなんですけど、見た目も決して悪くないし、スタイルだってかなり自信持ってたりもするんです。
自分のボディラインを強調するように心がけてみたり、いろいろと自分を目立つようにって努力を惜しまなかったんです。
「絶対に芸能人とかなれるよね」
これは友達たちからもよく言われるセリフでしたけど、私自身もその世界で生きていきたいって気持ちがありましたから、気分良くなってしまいました。
こんな目立つ私だから、やっぱりと言うべき出来事がやってきたのです。
あれは用事があって渋谷に出かけた時の事だったのですが、まさかの芸能事務所の人から声をかけられてしまったのでした。

その時の喜びって、本当半端じゃありませんでしたよ。

 

定番サイト女性は完全無料男性だけ有料
愛人サイトBEST5
愛人契約に成功した方に教わりました